笹谷和伸笹谷 和伸
(ささや かずのぶ)

経歴

日本歯科大学歯学部卒業
日本歯科大学生命歯学部生化学講座非常勤講師
公益社団法人日本口腔インプラント学会専門医
一般社団法人日本インプラント臨床研究会専務理事

松風バイオフィックスインプラント 新インプラントシステムの特徴と応用(実習)

近年、機能的、審美的改善に長けたインプラント治療は、欠損部への補綴手段として、より一般的な選択肢となっております。とくに、オッセオインテグレーションのルートフォームタイプインプラントの普及により、患者の臨床的満足度の向上と共に、より安全安心な処置と術者におけるスキルの要求も求められるようになってきました。
現在、インプラントの普及に伴い、国内外のインプラントメーカーから、多種多様なインプラントシステムが販売され、表面性状、スレッド形態、アバットメント等々、それぞれの長所、短所を見極めること、症例に合わせたインプラントシステムの選択をすることも術者におけるスキルの一つと考えられます。

今回説明する、「バイオフィックス インプラントシステム」は、「日本の優れた技術で、質の高いインプラントを開発、製造」をコンセプトに設計、開発され、高い信頼性とシンプルな操作性を実現した純国産の新しいインプラントシステムです。インプラントと骨の接合部をより緊密にするためのスレッド形態、辺縁骨の安定性を求めるためのプラットフォームスウィッチング、欠損部を機能的、審美的に回復させるための様々なアバットメント形態等、より患者、術者の両者が満足する新インプラントシステムと思われます。

今回のコースを通して長期安定した質の良いインプラント治療が患者に提供されることの手助けになれば幸いと思っております。

実習:顎模型を用いてのインプラント埋入等